北海道同胞メール◆連載「ウリハッキョ卒業生バトン」

北海道朝高37期卒業生 朴海仁

アンニョンハシムニカ!

北海道朝高37期卒業生の朴海仁です。

前投稿の金竜樹トンムからリレーのバトンを託されたのですが、正直そこまで仲良くはないです。(嘘です。歳は二つ下で、同じ寄宿舎生として朝昼夜を共に過ごし、一家族のように笑あり喧嘩あり。実に弟のような存在です。)

そんな可愛らしい後輩からバトンを託されたからには一生懸命思いを綴ります!!

私毎ながら簡単な自己紹介からさせていただきます。

生まれ育ちはど田舎の秋田県!秋田県と言えば皆さんは何を思い浮かびますか?

恐らくなまはげや、あきたこまちを思い浮かぶことでしょう。実は秋田県の魅力は他にもあるのです。例えば日本3大花火や乳頭温泉郷などなど…余談はこのくらいにしといて、

小学校は地元の日本学校に通い中学からは竜樹トンムと同じで親元を離れウリハッキョに通うことになりました。

それから、朝鮮大学校 文学歴史学部に進学し4年間の大学生活を経て、今はウリ信用組合の一職員として地域同胞社会のために全力を尽くしています!

特にこれといって悟ることはないのですが、今年から社会人一年目のスタートを切った自分が日頃どのような生活を送っているのか淡々と綴りたいと思います。(笑)

<一日の過ごし方>

AM6:00時起床。

AM8:00時出勤。

PM17:00時退勤。

PM19:00ジム凸。

PM23:00時就寝。

大まかな一日の流れはこんな感じです。(笑)

皆さんはどのように一日をお過ごしですか?

新たな環境で触れたこともない金融業に足を踏み入り正直毎日がビクビクで、今日まで幾度となる失敗を犯してきましたが、塵も積もれば山となる。という言葉を信じ失敗を恐れず積極的に挑戦する気持ちで日々業務に努めてます。

何かとイケイケで語ってますが社会という環境が自分が思い描いていた以上にそう容易くないって事を身をもって感じてます。(笑)

新しい環境に身を置き不慣れで不器用な自分でついつい我を忘れがちですが、在日朝鮮人としての誇りを胸にこれからも日々躍動していきます!!

という感じで私からのリレーはこれにて終わりたいと思います。

たわいもない文章に付き合ってくれた皆様に感謝しています。고맙습니다.