北海道同胞メール連載企画!

ウリハッキョ卒業生バトン

ヨロブン、アンニョンハシンミカ!

北海道朝高35期卒業生の金竜樹です。

現在は、朝鮮大学校政治経済学部政治経済学科に通っています。

僕は中学1年生の時、岩内町という田舎町から親元を離れウリハッキョに通うことになりました。

中級部時代は初めて経験する上下関係に苦しみ、勉強面では同級生のレベルについていけず成績表はしっかり「ポートン」でした。

そんな僕ですが、高級部に進学して色々な経験をすることができました。

自分は、北海道朝高歴史上初めて新入生が1人という変な歴史を作ってしまいました。

正直、少し責任を感じてました。

不安や責任を感じながら始まった高校生活ですが、同胞たちや先生方、先輩後輩のおかけで何不自由なく高校生活を送れました。

そして、3年間の高校生活は僕に大切なことを教えてくれました。

高校一年生の時、担任だった鄭美奈ソンセンニンが弱音ばかり吐く自分に、1人だから出来ないではなく、1人だから出来ることを探して行こうと言ってくれました。

その言葉が、僕の3年間の支えになりモチベーションになりました。

今まで、多くの方々に支えられてきました。

次は自分が同胞たちを支え、ウリハッキョに通う子供達の鏡になれるよう残った朝大生活を有意義に過ごしていきます!